r-t-dash_マイホーム
結婚したら子どもが生まれて今までのアパートでは手狭になる。子ども部屋も欲しいし広いキッチンも欲しい。次はマイホームだ。広いマイホームがあれば誰に迷惑をかけるわけでもなく、自宅でダンスの練習をすることができる。マイホームの買い方は一括とローンがある。このふたつの違いはもちろん利息があるかないか。一括で買った方が当然安い。でも一括で買うのでももっと安くなる買い方がある。それはローンで買ったときだ。意味不明なことを言ってると思うかもしれないが本当に安くなる。

ここで一つ、脂肪の燃焼と蓄積の仕組みを考えてみる。そうすると、結果、脂肪は運動しなけりゃ燃えないということがわかるはずだ。“預金連動型住宅ローン”という仕組みがある。これは、借り入れ銀行に預けてある預金の残高分は住宅ローンの利息がかからないというものである。つまり、マイホームの購入価格全額を銀行に預けておけば、ローンはローンでも利息がかからないというわけだ。

このままでは当然一括で買ったときと払う総額は変わらないが、”住宅ローン減税”という制度がここで利いてくる。これは、住宅ローンを利用すると毎年年末の住宅ローン残高の1%分の所得税を還元してもらえるという制度で、利用するのとしないのでは100~600万の違いが出る。

 家を買うなら一括。そして、一括で買うなら預金連動型住宅ローン+住宅ローン減税でさらに安くなるということだ。住宅ローン減税の条件はけっこう細かく決められているのでネットなどで検索して自分の場合どうなのか調べてみるといい。まあ、この間にも私の妻はのんきに美容室でヘットスパでもしてもらっているだろう。世の中不公平だとは思わないか。。。